方谷研究会会則

方谷研究会会則
1、本会は方谷研究会と称する。
2、本会は方谷に関する研究とその成果の普及を図ることを目的とする。
3、本会は上記の目的を達成するため、次の事業を行う。
   1山田方谷に関する調査と研究
   2研究会、講演会などの開催と啓発活動
   3会誌、論文集及び収集資料の出版
   4その他本会の目的達成に必要と認める事業
4、本会は年会費1,000円を納める者をもって組織する。
5  1本会には次の役員を置く。
     会長 一名
     代表 一名
     理事 若干名
     監事 二名
   2役員は会員から選出する
   3役員の任期は三年とする。但し再選は妨げない。
   4役員の職務は次の通りとする。
    (1)会長は会を代表し会務の全体を統括する。
    (2)代表は会長を補佐し(会長に事故がある時はこれを代行する)、役員会を招集して業務を統括する。
    (3)理事は役員会に参加し運営を行う。
    (4)監事は会計及び業務の監査を行う。
6、役員会は代表が召集し、次の業務を行う。
  ・企画委員会……会の総合的な運営とそれに必要な事項の決定
  ・会誌・論文集編集委員会……会誌及び研究論文集の編集と発行
  ・調査・研究委員会……山田方谷関連史料等の調査・研究
    (なお、各委員会の運営は別に内規に定める)
7、本会の会計年度は四月一日から翌年三月三十一日に至る期間とする。
8、総会は年一回開催し、総務・会計の報告を行いその承認を求める。なお、総会は会長がこれを招集する。
9、研究会は年一回以上開催して、会員の研究成果の交流を図ると共に、会員相互の情報交換をはかる。
10、本会に顧問を置くことができる。顧問は役員会の推薦によって会長が委嘱する。
11、 本会の事務局は、岡山市北区丸の内2丁目11−22 吉備人出版
  ( 〒700-0823 電話086-235-3456 FAX086-234-3210)
12、本会会則の変更は役員会の決議によるものとし、その後の総会にはかるものとする。
(2007・3・12制定、2012・6・30改定、2013・5・11改定、2017・10・15改定)