最新ニュース

2020年度 第9回 方谷研究会 総会・研究会は盛況のうちに終了いたしました。
本年度の定員は40名と、過年度と半数での開催でしたが、満席となりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。この場をもちまして御礼申し上げます。

方谷研究会では今後も様々なイベント等を企画しております。
詳細が決定次第、ホームページ上にてお伝えいたします。
よろしくお願いいたします。
(イベントに関しては、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって延期または中止する場合もあります。ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます)

過年度の総会・研究会の模様については以下のページを御覧ください。
2018年度方谷研究会の模様
2017年度方谷研究会の模様
2016年度方谷研究会の模様
2015年度方谷研究会の模様

会誌最新号について

『山田方谷ゼミナール』Vol.8は、現在好評発売中です。

山田方谷ゼミナールVol.8 ■書名:山田方谷ゼミナールVol.8
■著者:方谷研究会・編
■発行:方谷研究会
■発売:吉備人出版
■仕様:A5判 並製本
■ページ数:138頁
■定価:本体1,400円+税
■ISBN:978-4-86069-627-6 C0021
■発行日:2020年9月11日

■内容:
さまざまな角度から山田方谷に迫る方谷研究会会報誌。
閑谷学校で門弟達と交わした問答をまとめた『師門問弁録』から方谷晩年の思想を検討した論考、文久三年に将軍家茂が上京した時の政局と方谷との関わりを探る考察、方谷30歳代に患った大病の病名診断など、意欲的な発表を掲載。

目次
◎巻頭言/森 熊男(岡山大学名誉教授、方谷研究会顧問)
◎研究会報告論文
 文久三(1863)年の政局と山田方谷/横山 定(方谷研究会理事)
 津山と柵原の山田方谷関連遺跡/角南勝弘(方谷研究会顧問)
 『師門問弁録』にみる山田方谷晩年の思想/渡辺道夫(山田方谷に学ぶ会代表世話人、方谷研究会顧問)
◎論考
 戊辰戦争における板倉勝静の動向と山田方谷/朝森 要(方谷研究会会長)
◎研究ノート
 方谷と村上作夫/渡辺道夫氏(山田方谷に学ぶ会代表世話人、方谷研究会顧問)
◎エッセイ・探訪
 ウイルス感染症と山田方谷―その今日的意義―
   那須 保友(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器病態学教授)
 進鴻渓の軌跡―方谷の高弟/高橋義雄(方谷研究会理事)
 南摩羽峰、秋月韋軒の備中松山来訪あれこれ─文献紹介も兼ねて─/片山純一(方谷研究会代表)
 漢詩講座・バスツアーに参加して/中山幸子(方谷研究会会員)
 山田方谷を巡るバスツアーに参加して/福間トキ子(善太と三平の会会長)
◎山田方谷の「漢詩鑑賞」(第4回)/森 熊男(岡山大学名誉教授、方谷研究会顧問)
◎書評
 「『師門問弁録』を読む」渡辺道夫、網本善光・明徳出版社(片山純一)
 『夢を駆けぬけた飛龍 山田方谷』野島透・明徳出版社(片山純一)
◎方谷研究会の会則及び報告事項

◎編集後記

会誌『山田方谷ゼミナール』Vol.1〜Vol.7が好評発売中です
詳しくは「会誌」をご覧ください

最終更新:2020年10月21日